ゲームの音楽を作曲している、中村隆之のBLOGです。
by nakataka
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
カテゴリ
全体
LIFE
音楽
音楽ソフト
宣伝
パソコン(MAC)
ゲーム
携帯電話
リンク
以前の記事
2013年 03月
2013年 01月
2012年 11月
more...
ライフログ
その他のジャンル
タグ
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
フォロー中のブログ
最新のコメント
中村さん、メリー・クリス..
by Spence/TP at 06:10
えんとんさん、コメントあ..
by nakataka at 14:24
PRに参加です。すみませ..
by PRえんとん at 13:35
皆さん、お祝いコメントあ..
by nakataka at 11:37
おめでとうございます! ..
by Spence/TP at 01:50
10周年おめでとうござい..
by いさやま at 23:25
10周年を迎えられたとの..
by しんしお at 19:09
おめでとうございます。
by Synthese at 14:42
10周年おめでとうござい..
by かおりん at 14:02
おめでとうございます。さ..
by 副社長 at 13:06
Skypeボタン
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ゲームの音楽はいかに作られるか?
ゲームの音はいかに作られるか 1
(ゲームのサウンドクリエイターになりたい方、ゲームのサウンドに興味のある方へ。)


「ゲームの音楽や、効果音はどのように作られているか?」という疑問を持たれる方は、多いのではないでしょうか?
 一口にゲームと言っても、今ではとても幅が広く、まるで映画の様に演出されたものから、携帯電話の中に入るようなシンプルなモノまであります。
 当然、プレイステーションと、携帯電話では、その性能も、制作方法も随分違うモノですので、ひとくくりで語ることは難しいように思います。
 現実、ゲームのサウンドを作っているクリエイターの中にも、様々なターゲットや、日々変化する開発機器にとまどっている人もいるようです。

 では、どういった知識がもっとも必要とされるのでしょうか?
 大きく分けると二つにあげられると思います。
 それはMIDI(ミディ)による音の制御と、サンプリング(音の符号化)の知識と技術です。
 ほとんど、どのゲーム機もこの2つの技術の上に音を出しています。
 この二つを正しく理解していれば、ゲームの音の制作はそれほど難しいモノではありません。もちろん、それ以前に音楽や音を作る技術やセンスは最低条件ですが、、、。
 当社でのゲームサウンドの制作は、ほとんどの作業を、以下の3つのMac OSのアプリケーションで行っています。

emagic社の"Logic Pro"
digidesign社の"Pro Tools HD"
M-AUDIO社の"Peak"

 当然、各ゲーム機専用の、サウンド開発ツールというモノは必要ですが、実際に音を制作しているのは、この3つのソフトになります。これらのソフトに関して少し解説してみましょう。

emagic社の"Logic Pro"
 音楽を作るためのソフトで、一般的に”MIDIシーケンサー”と呼ばれています。
 しかし、現在では多くのシーケンサーがMIDIだけでなく、同時にオーディオデータを扱うこともできるようになり、かつPlug-inと呼ばれる様々は付加ソフトで、楽器や、サンプラー、エフェクトの機能を持たせることができます。"Pro"はもっとも機能の多いバージョンで、価格も高価ですが、価格を抑えた"Express"といったバージョンもあります。機能は限定されていますが、操作法は変わらないようです。

digidesign社の"Pro Tools HD"
 オーディオデータを扱うためのソフトです。プロオーディオの世界では主に、音楽のレコーディングやトラックダウン、映像に音付けするためのMA作業にも使われています。
今や音楽業界ではもっともメジャーなソフトかもしれません。
ゲームのサウンド制作でも、もちろん音楽のレコーディング等に使われますが、もっとも活躍するのは、CGの映像に音付けする作業"MA”の時かもしれません。
いくつかの音をミックスしたり、Pluginのエフェクトをかけたり、と用途は非常に幅広く使うことができます。
"HD"はもっとも高価なバージョンになりますが、Freeでダウンロードできるバージョンや、安価な"LE"というバージョンもあります。どのバージョンでも、ほとんど使い勝手は変わらないので、とりあえずはFreeバージョンを使ってみるといいかもしれません。

M-AUDIO社の"Peak"
”波形編集ソフト”と呼ばれるモノです。主に上記の二つのソフトで作った音楽や効果音のデータを最終的にゲーム機の中に組み込むために、それぞれのゲーム機にあったフォーマットにデータを変換するときに使用します。それ以外には、例えばサンプリングデータの不要な部分を取り除いたり、エフェクトをかけたりすることもできます。
オーディオデータを扱う点ではProToolsと似ている面もありますが、前者が元データを非破壊で加工していくのに対して、Peakは音のファイルを積極的に変換していく作業に向いています。

 最近では、これらのアプリケーション以外に、pluginと呼ばれるアプリケーションを補助するためのソフトが、大きな意味を持っています。
 特にWaves社のPluginのBundleソフトは、多くの開発現場で使われています。
 通常、ゲーム開発のためにこれらのソフトをMacintoshコンピュータ等と共にそろえると、最低でも200〜300万ぐらいの予算が必要になるでしょう。
[PR]
by nakataka | 2004-09-01 13:48 | 音楽ソフト | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nakataka.exblog.jp/tb/165864
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 最新オーディオフォーマット等に...