ゲームの音楽を作曲している、中村隆之のBLOGです。
by nakataka
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
全体
LIFE
音楽
音楽ソフト
宣伝
パソコン(MAC)
ゲーム
携帯電話
リンク
以前の記事
2013年 03月
2013年 01月
2012年 11月
more...
ライフログ
その他のジャンル
タグ
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
フォロー中のブログ
最新のコメント
中村さん、メリー・クリス..
by Spence/TP at 06:10
えんとんさん、コメントあ..
by nakataka at 14:24
PRに参加です。すみませ..
by PRえんとん at 13:35
皆さん、お祝いコメントあ..
by nakataka at 11:37
おめでとうございます! ..
by Spence/TP at 01:50
10周年おめでとうござい..
by いさやま at 23:25
10周年を迎えられたとの..
by しんしお at 19:09
おめでとうございます。
by Synthese at 14:42
10周年おめでとうござい..
by かおりん at 14:02
おめでとうございます。さ..
by 副社長 at 13:06
Skypeボタン
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
アートと、技術の橋渡しなんです。
ゲーム音楽を作って、すでに、15年。(なんか、凄く年とってる見たい)
単に音楽を作るだけでない話は、すでに書きましたが、キャリアを積んだ今の私に最も重要な仕事は、音楽のアートの世界と、ゲーム機の中の技術の世界を如何に結びつけるかという事です。

コンピュータで音楽を作る人は、今や沢山いますが、では実際にどうやってコンピュータが音楽を奏でるのか、その仕組みについてしっかり理解している人は少ないのです。

デザインの世界では、ソフトウェアの持つ技術を、アートに置き換えることのできる人たちが沢山出てきていますが、意外と音楽の世界はアナログな考え方の人が多く、コンピュータを使った音楽とはいっても、ソフトウェアを駆使してというよりは、既存の技術をコンピュータの中で置き換えているだけだったりするのです。
ちょっとむずかしい話ですが、今の音楽家にもっと掛けているのは、そういうモノなのではないかと思っています。
[PR]
by nakataka | 2005-08-04 22:07 | 音楽 | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://nakataka.exblog.jp/tb/3245527
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by くろ at 2005-08-05 10:34 x
ヤマギワソフトに直しましたヨ。コメントありがとうざいます。たくさんではないですが書かれてましたねコメントTB・・・。シノビがどこにあるかわかりません
<< 何を今更、もめてるんですか?郵... ただいま、レコーディングのまっ... >>