ゲームの音楽を作曲している、中村隆之のBLOGです。
by nakataka
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
カテゴリ
全体
LIFE
音楽
音楽ソフト
宣伝
パソコン(MAC)
ゲーム
携帯電話
リンク
以前の記事
2013年 03月
2013年 01月
2012年 11月
more...
ライフログ
その他のジャンル
タグ
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
フォロー中のブログ
最新のコメント
中村さん、メリー・クリス..
by Spence/TP at 06:10
えんとんさん、コメントあ..
by nakataka at 14:24
PRに参加です。すみませ..
by PRえんとん at 13:35
皆さん、お祝いコメントあ..
by nakataka at 11:37
おめでとうございます! ..
by Spence/TP at 01:50
10周年おめでとうござい..
by いさやま at 23:25
10周年を迎えられたとの..
by しんしお at 19:09
おめでとうございます。
by Synthese at 14:42
10周年おめでとうござい..
by かおりん at 14:02
おめでとうございます。さ..
by 副社長 at 13:06
Skypeボタン
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
サラウンドミックスはすごいかも!
週末、いまやっている仕事のMA(映像に音をつける作業)で、外のスタジオへ。
CGムービーへのサラウンドミックスの作業です。
一口にサラウンドといっても、今回の仕事は5.1chのDolby Digtalフォーマットのために、音のバランスをいろいろ替えたり、音をクルクル動かしたりするための作業です。
一般的な説明をすると、最近の映画館でみる映画のほとんどが、このDolbyDigitalを使った差ランドに対応しています。映画館で映画を見る人は、皆さんサラウンドは体験済みです。

サラウンドミックスがなぜ凄いかというと、、、ステレオでは、前方向90度の範囲に音が定位しますが、サラウンド環境では、周囲360度の範囲で音を定位されることが出来るのです。
簡単に言うと、音をならせる範囲(空間)が4倍になったということです。

そうなると、映像で見える範囲は前方向だけですが、サラウンドを使えば、音は映像では見えない後ろ側も表現できてしますのです。
映像の無い部分は、実はサウンドを作る人間の想像力だったりもします。それだけに、これまでのMA作業とは全く違う、未知の世界が広がっているのです。
[PR]
by nakataka | 2005-10-31 11:39 | ゲーム | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nakataka.exblog.jp/tb/3703290
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< まさか、ラスク(お菓子)で! 日本のゲームマスコミも、このぐ... >>