ゲームの音楽を作曲している、中村隆之のBLOGです。
by nakataka
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
全体
LIFE
音楽
音楽ソフト
宣伝
パソコン(MAC)
ゲーム
携帯電話
リンク
以前の記事
2013年 03月
2013年 01月
2012年 11月
more...
ライフログ
その他のジャンル
タグ
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
フォロー中のブログ
最新のコメント
中村さん、メリー・クリス..
by Spence/TP at 06:10
えんとんさん、コメントあ..
by nakataka at 14:24
PRに参加です。すみませ..
by PRえんとん at 13:35
皆さん、お祝いコメントあ..
by nakataka at 11:37
おめでとうございます! ..
by Spence/TP at 01:50
10周年おめでとうござい..
by いさやま at 23:25
10周年を迎えられたとの..
by しんしお at 19:09
おめでとうございます。
by Synthese at 14:42
10周年おめでとうござい..
by かおりん at 14:02
おめでとうございます。さ..
by 副社長 at 13:06
Skypeボタン
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ドルビー日本支社におじゃましてきました。
東銀座にあるドルビーの日本支社におじゃましてきました。
とあるゲームのプロジェクトのサラウンド化のために、色々レクチャーを受けてきました。

ゲームの中の効果音をサラウンド化(3D)して聞かせることは当たり前になりつつありますが、
音楽をサラウンドにして聴かせるために、どういったミックスにしたらよいか?
ミックスの前にアレンジをどうしたら良いか?
これまで自分自身、興味も知識も無い分野なので、ちょっと途方に暮れています。
ステレオ(2MIX)の素材を、サラウンドに広げただけだと、音の空間に隙間が出来て、なんだかとてもスカスカになったように聞こえてしまいます。
やはり、この分野の先人達がどうやっているのか聞きたいと思いましたが、、、。
考えてみると、普通の音楽CDでは、サラウンドにミックスされている物など見あたりません。(あるのかな?)
サラウンドミックスを聞くためには、実はDVD-Audio規格のPlayerとMediaが無くてはならないのでした。
なるほど、、、。

いまいち、サラウンドが一般的にならないのも分かるような気がします。
HDTVの急な値下がりと、売れ行きを見ていると、ハイビジョンの映像はだいぶ浸透しそうですが、果たしてサラウンドはどこまで伸びてゆくのでしょうか?
[PR]
by nakataka | 2006-01-18 12:17 | 音楽ソフト | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nakataka.exblog.jp/tb/4045211
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< Comic Life intel Macをちょっと深... >>