ゲームの音楽を作曲している、中村隆之のBLOGです。
by nakataka
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
全体
LIFE
音楽
音楽ソフト
宣伝
パソコン(MAC)
ゲーム
携帯電話
リンク
以前の記事
2013年 03月
2013年 01月
2012年 11月
more...
ライフログ
その他のジャンル
タグ
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
フォロー中のブログ
最新のコメント
中村さん、メリー・クリス..
by Spence/TP at 06:10
えんとんさん、コメントあ..
by nakataka at 14:24
PRに参加です。すみませ..
by PRえんとん at 13:35
皆さん、お祝いコメントあ..
by nakataka at 11:37
おめでとうございます! ..
by Spence/TP at 01:50
10周年おめでとうござい..
by いさやま at 23:25
10周年を迎えられたとの..
by しんしお at 19:09
おめでとうございます。
by Synthese at 14:42
10周年おめでとうござい..
by かおりん at 14:02
おめでとうございます。さ..
by 副社長 at 13:06
Skypeボタン
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブレインストームで求人広告を出します。
7月3日より、2週間。
Web anにゲームサウンドクリエイター募集の求人広告を掲載します。
サウンドクリエイターとは、随分曖昧な職業だと思いますが、
要は、ビデオゲーム向けにサウンド(主に効果音など)を作る人のことです。

しかし、そんな人材がいきなり応募してきてくれるとは思っていません。
むしろ今は、こんな仕事に興味を持つ人が果たしてどれだけいるか不安です。
それは例えば、テレビや映画の音響さんの様な、非常にマニアックで裏方な仕事だからです。

僕がこの職業に就いたとき、その時はゲームそのものが認知されていなかったので、もちろん仕事としても、知られていませんでした。
しかも、当時のゲームサウンドの開発は、1から10までを知らないと一人前とは認めてもらえない環境で、結構ハードルの高い物でもありました。

実はその名残なのか、ゲームのサウンドに関する仕事は、このサウンドクリエイターという職業の人が全てやるという風潮があるようです。
作曲、効果音制作、音声編集、録音現場のディレクション。これらは音の制作と言っても、一つ一つは随分スキルの違う物です。
それらを全て、ひとくくりの仕事でやろうというのも無理があります。

ブレインストームでは、できるだけその人のスキルにあった仕事を割り当てたいと思っています。
例えば、今技術が無くても、ゲームのサウンドに興味があるなら、音声の編集や、ツールへデータを登録するといった仕事はできます。
そういうオペレーションを経て、スキルを磨き仕事の幅を広げていって欲しいと思っています。

技術、経験が無くても興味とやる気のある人を募集しています。
[PR]
by nakataka | 2006-07-03 11:51 | 宣伝 | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://nakataka.exblog.jp/tb/5172970
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by いさやま at 2006-07-03 12:35 x
お疲れ様です。

素晴らしい考え方ですね。
オールマイティの人なんていません。
向き不向きもありますし。

そして人材は育てていくものです。音だけ出来ても仕方がない。
社外のいろんな人と仕事していくのですから。
<< メディアの力に脱帽 今日のランチは、学校給食 >>