ゲームの音楽を作曲している、中村隆之のBLOGです。
by nakataka
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
カテゴリ
全体
LIFE
音楽
音楽ソフト
宣伝
パソコン(MAC)
ゲーム
携帯電話
リンク
以前の記事
2013年 03月
2013年 01月
2012年 11月
more...
ライフログ
その他のジャンル
タグ
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
フォロー中のブログ
最新のコメント
中村さん、メリー・クリス..
by Spence/TP at 06:10
えんとんさん、コメントあ..
by nakataka at 14:24
PRに参加です。すみませ..
by PRえんとん at 13:35
皆さん、お祝いコメントあ..
by nakataka at 11:37
おめでとうございます! ..
by Spence/TP at 01:50
10周年おめでとうござい..
by いさやま at 23:25
10周年を迎えられたとの..
by しんしお at 19:09
おめでとうございます。
by Synthese at 14:42
10周年おめでとうござい..
by かおりん at 14:02
おめでとうございます。さ..
by 副社長 at 13:06
Skypeボタン
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
「ボケる」が嫌いになりました。
私には92才になる祖父がいます。
今、病院のベットの上にいます。
つい先月頭まで、92才とは思えないぐらいシャンとして、祖母と夫婦2人で暮らしていました。

先月中旬、2人で外出した際、祖父が階段で転び救急病院に運ばれ、そのまま入院しました。
私もすぐに病院までお見舞いに行きました。その時は元気はないものの、まだちゃんと受け答えできていました。入院は、毎年の様に何らかの理由でしていたので、それほど大きな心配はしていませんでした。

しかし、3週間が立って改めて病院に行くと、状況はまったく変わってしまいました。
もうそこには以前の、思慮深く、謙虚な祖父の姿はなく、ただ、ただ、自分の要求と、不安を訴え続ける祖父がいます。

僕はただその姿を見て、泣くしかありませんでした。

少しでも元の状況に戻そうと、
祖父に話をして、状況を理解させる努力をしても、
それはむしろ自分に、あきらめることを受け入れる努力をしているように思えてきます。

「ボケる」と、軽い言葉では言い表せない、そこには深い悲しみや、どうしようもなさがあります。
途端にこの状況を人に説明するのに、「ボケちゃった」とその言葉を使えなくなってしまいました。
[PR]
by nakataka | 2006-12-20 14:10 | LIFE | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nakataka.exblog.jp/tb/6218592
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< アルテイルの曲が歌になります。 何だ、PS3売ってるじゃん。 >>