ゲームの音楽を作曲している、中村隆之のBLOGです。
by nakataka
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
全体
LIFE
音楽
音楽ソフト
宣伝
パソコン(MAC)
ゲーム
携帯電話
リンク
以前の記事
2013年 03月
2013年 01月
2012年 11月
more...
ライフログ
その他のジャンル
タグ
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
フォロー中のブログ
最新のコメント
中村さん、メリー・クリス..
by Spence/TP at 06:10
えんとんさん、コメントあ..
by nakataka at 14:24
PRに参加です。すみませ..
by PRえんとん at 13:35
皆さん、お祝いコメントあ..
by nakataka at 11:37
おめでとうございます! ..
by Spence/TP at 01:50
10周年おめでとうござい..
by いさやま at 23:25
10周年を迎えられたとの..
by しんしお at 19:09
おめでとうございます。
by Synthese at 14:42
10周年おめでとうござい..
by かおりん at 14:02
おめでとうございます。さ..
by 副社長 at 13:06
Skypeボタン
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
祖父の死
今週火曜日、祖父が亡くなりました。

幼い頃と、私が大学生時代。
祖父母とは同居していましたので、思い出も沢山あります。
初孫だった私には格別に甘く、幼少時代は色々なところに連れて行ってくれました。

特に映画には、祖父と二人でよく行ったのですが、
無計画に出かけるので、映画の途中で入り、大抵それだと内容が良くわからないので、
「わからないねえ。」と二人で言いつつ、そのまま次の回も、もう一回見るのが当たり前でした。

またある時は、朝、「新宿の高層ビルを見に行こう」と出かけて、ビルを見に行ったのですが、そんなのはあっという間に見終わってしまうので、「特急に乗ろう」と、そこから、ロマンスカーに乗って箱根に出かけ、芦ノ湖の遊覧船に乗って、帰りは小田原から新幹線に乗ってかえってくるなんていう日帰り旅行もしました。

中学一年生の頃ですが、それまで私が一度も飛行機に乗ったことがないことを知った祖父は、二人で長崎への旅行を計画してくれました。
長崎に特に何か目的があったわけではないのですが、行き当たりばったりに、二人で長崎の街を観光しました。

どの思い出も鮮明に思い出されます。

孫の中でも私は特別扱いで、祖父とそんな経験を持てたのもおそらく私だけです。
今思うと、そうやって祖父は、私と長い時間を接することで、きっと何かを伝えたかったのではないかと思っています。それは言葉や教訓とは違って、何か心とか魂とかやそういった形の無いもののような気がします。(そう思うと、いつまでも私の中に祖父がいると思えてくるのです。)

大人になってからも、私の会社のことを気にかけ、小さな成長を喜んでくれました。
祖父自身が、以前会社を経営していたこともあって、何よりの理解者だったと思います。できれば元気な時にもっと喜ばせてあげたかった、、、。

祖父の住んでいた貸しビルに、私の会社を移転できていたら、なによりそれを祖父は喜んだと思います。残念ながら、その希望をかなえてあげることができなかったことに悔いが残ります。
b0019592_1137176.jpg

[PR]
by nakataka | 2007-05-18 11:41 | LIFE | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nakataka.exblog.jp/tb/6870399
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< いらっしゃいませ 神田祭 >>