ゲームの音楽を作曲している、中村隆之のBLOGです。
by nakataka
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
カテゴリ
全体
LIFE
音楽
音楽ソフト
宣伝
パソコン(MAC)
ゲーム
携帯電話
リンク
以前の記事
2013年 03月
2013年 01月
2012年 11月
more...
ライフログ
その他のジャンル
タグ
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
フォロー中のブログ
最新のコメント
中村さん、メリー・クリス..
by Spence/TP at 06:10
えんとんさん、コメントあ..
by nakataka at 14:24
PRに参加です。すみませ..
by PRえんとん at 13:35
皆さん、お祝いコメントあ..
by nakataka at 11:37
おめでとうございます! ..
by Spence/TP at 01:50
10周年おめでとうござい..
by いさやま at 23:25
10周年を迎えられたとの..
by しんしお at 19:09
おめでとうございます。
by Synthese at 14:42
10周年おめでとうござい..
by かおりん at 14:02
おめでとうございます。さ..
by 副社長 at 13:06
Skypeボタン
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:音楽( 95 )
朝帰り。
b0019592_1575398.jpg


先日までのMAのサラウンド作業に続き、今度は曲のレコーディングで、スタジオワークです。
昨日は、結局朝5時までかかってしまい、今日は1時間半ぐらいしか寝てません。
しかし、今日もまた、このあと、またレコーディングが入っているので、おそらく今日も午前様でしょう。

レコーディングの責任者ではありますが、スケジュールを切っているのは私ではないので、表面的には非常に頑張りつつも、心の中では、「いいじゃんそんな頑張らなくたって、スケジュール遅らそうよ」と、密かに大人げないことを思っていたりもします。
(プロジェクトの皆さん、ごめんなさい。)

しかし、スタジオの人たちはみんな胃袋も若い!
昨日の夕食は、スタジオで宅配ピザのデリバリーを頼んだのですが、非常に具だくさん、こっていり系のピザをみんなが、パクパク食べるので、うらやましかったです。
私には、もうそんな胃袋の若さは残っていません。
[PR]
by nakataka | 2005-11-07 15:18 | 音楽 | Trackback(1) | Comments(2)
iPod なの?
Exciteアップルの車載音楽市場参入、衛星ラジオ搭載車に打撃か

iPod nanoの発売も驚きがありますが、(あれで写真も楽しめますからね)アップルのホームページを見ると、車に搭載される所謂iPod車なるモノを展開する予定だとか。
iPodのコネクターを装備することが、車の標準仕様になったら、それは完全に独占市場になりそうですね。
iPodは、単に音楽を持ち運ぶ機械から、ホームコンピュータと、マイカーを繋ぐディバイスになりそうな予感。
[PR]
by nakataka | 2005-09-08 17:18 | 音楽 | Trackback | Comments(1)
昼食の途中で浮かんだ曲を、如何に忘れずにスタジオに戻るか!
音楽作っている方なら、そういう経験多いと思います。
ついさっきの私もそうでした。大抵の場合、私は忘れてしますのですが。
特に途中で犬に吠えられたり、商店街で別の曲が流れてたりするのを気にすると、ダメです。
忘れないためには、脇目もふらず、寄り道せずにまっすぐに戻らなくてはいけません。

せっぱ詰まっていると、ICレコーダーとか、最近だと携帯に録音したりもしたのですが、やはり真っ昼間にマイクに向かって、鼻歌録音したりするのもちょっと恥ずかしかったりします。

まあ、そうやって沢山録音しても、実際使えるのは3曲に一曲ぐらいだったりするので、忘れてしまう曲は、所詮その程度という事でしょう。
[PR]
by nakataka | 2005-08-18 19:30 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
アートと、技術の橋渡しなんです。
ゲーム音楽を作って、すでに、15年。(なんか、凄く年とってる見たい)
単に音楽を作るだけでない話は、すでに書きましたが、キャリアを積んだ今の私に最も重要な仕事は、音楽のアートの世界と、ゲーム機の中の技術の世界を如何に結びつけるかという事です。

コンピュータで音楽を作る人は、今や沢山いますが、では実際にどうやってコンピュータが音楽を奏でるのか、その仕組みについてしっかり理解している人は少ないのです。

デザインの世界では、ソフトウェアの持つ技術を、アートに置き換えることのできる人たちが沢山出てきていますが、意外と音楽の世界はアナログな考え方の人が多く、コンピュータを使った音楽とはいっても、ソフトウェアを駆使してというよりは、既存の技術をコンピュータの中で置き換えているだけだったりするのです。
ちょっとむずかしい話ですが、今の音楽家にもっと掛けているのは、そういうモノなのではないかと思っています。
[PR]
by nakataka | 2005-08-04 22:07 | 音楽 | Trackback | Comments(1)
ただいま、レコーディングのまっただ中です。
世間は、そろそろ夏休みモードかと思いますが、私は現在、バリバリ仕事、レコーディング中でございます。

まあ、音楽業界も便利になったモノで、一昔前はレコーディングというと、機材を持ってスタジオに赴きましたが、今では、自分で録音したデータを、インターネットをつかってスタジオのエンジニアに送っています。

そして、できあがった曲をまたインターネットで送り返してもらい、自分のスタジオでチェックするといった具合です。

この方法だと、日本全国、いや世界中どこにいても、この仕事ができてしまうのです。
すばらしい!

それもこれも、ProToolsというソフトウェアが、普及してくれたおかげです。
このフォーマットで作られたマルチトラックのオーディオデータは、Windowsでも、Macでも使えてしまいます。
それも、すばらしい!
こんな事ができなかったら、今の私はこんなスケジュールで仕事ができていません!b0019592_20533888.jpg
[PR]
by nakataka | 2005-08-03 20:53 | 音楽 | Trackback | Comments(0)