ゲームの音楽を作曲している、中村隆之のBLOGです。
by nakataka
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
全体
LIFE
音楽
音楽ソフト
宣伝
パソコン(MAC)
ゲーム
携帯電話
リンク
以前の記事
2013年 03月
2013年 01月
2012年 11月
more...
ライフログ
その他のジャンル
タグ
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
フォロー中のブログ
最新のコメント
中村さん、メリー・クリス..
by Spence/TP at 06:10
えんとんさん、コメントあ..
by nakataka at 14:24
PRに参加です。すみませ..
by PRえんとん at 13:35
皆さん、お祝いコメントあ..
by nakataka at 11:37
おめでとうございます! ..
by Spence/TP at 01:50
10周年おめでとうござい..
by いさやま at 23:25
10周年を迎えられたとの..
by しんしお at 19:09
おめでとうございます。
by Synthese at 14:42
10周年おめでとうござい..
by かおりん at 14:02
おめでとうございます。さ..
by 副社長 at 13:06
Skypeボタン
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:ゲーム( 48 )
「ラヴァートヒーローズ」
本日からスタートした
アルテイルネットの新しいゲームです。
(ボクもさっきちょこっとやってみました。)

今回も音楽作らせてもらってます。
オリジナルのアルテイルとは違って、今回はハードな曲になってます。

是非是非、よろしく。
[PR]
by nakataka | 2007-05-31 22:32 | ゲーム | Trackback | Comments(0)
東大へ行ってきます。
以前、BLOGにも書きましたが、MONDO21というテレビの企画で8ビットゲーム機のソフトを開発しました。
そのソフトが意外にも世間の注目を集め、「日本デジタルゲーム学会」の月例研究会に呼ばれることになりました。

以下、詳細。

◆━━━◆  【3】 第8回月例研究会開催のお知らせ  ◆━━━◆


 第8回月例研究会の概要が決定いたしましたので、お知らせいたします。



開催日時:2007年6月1日(金) 18:00開始 20:00終了場所:東京大学本郷キャンパス 工学部新2号館9階 92B教室(地図)http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_04_18_j.html定員:120名



講師:遠藤 雅伸氏(株式会社モバイル&ゲームスタジオ代表取締役会長)「プロジェクトF」ディレクター 犬飼 博士氏プロデューサー 小林 三旅氏サウンドのプログラム、作曲、SE 中村 隆之氏『Mr.SPLASH!』開発スタッフ(調整中)



タイトル:「『Mr.SPLASH!』に見るゲーム性」



概要: 今年4月、一本のゲームソフトが製作された。実に、13年ぶりとなるファミコン最新作ソフト、『Mr.SPLASH!』である。



 『TVゲームジェネレーション〜8bitの魂〜』内で製作されたこの『Mr.SPLASH!』は、9月に国際学会を控えた我々にとって、改めて日本のゲーム、ゲーム性といったものを考える、重要な素材となるだろう。



 そこで、第8回月例会では、『Mr.SPLASH!』の製作に携わった、日本で最も著名なゲームクリエイターの一人である遠藤雅伸氏と、『Mr.SPLASH』の開発を行った「プロジェクトF」の方々をお呼びし、「ゲーム性とは何か?」「高いゲーム性を実現する為に重要なことは何か?」といった視点からご講演を頂く。



 なお、講演は、開発メンバーによる『Mr.SPLASH!』の紹介、そして遠藤氏と開発スタッフによる対談という形で進行する。



 ご参加の際には下記のページからお申し込みをお願いいたします。



 なお、正会員・学生会員・賛助会員(一口あたり代表者3名まで)の方は無料となりますが、準会員・非会員の方は1,000円の参加費が必要となります。



 当日、受付にて会員受付も行います。当日会員になられた方は、参加費を支払う必要はございません。 会員の受付は、正会員の方は年会費10,000円の納入、学生会員の方は年会費2,000円の納入および学生の身分を証明するものの提出(氏名が鮮明に写った学生証のコピーなど)をお願いいたします。



—————
[PR]
by nakataka | 2007-05-22 10:33 | ゲーム | Trackback | Comments(0)
ちょっと、懐かしんでました。
昔、作ったゲームです。
もちろん、サウンドやりました。

TOBAL2に出てくるキャラクターたち

YouTubeの映像ですが、これ見て懐かしくなりました。
18分ありますが、次々にでてくるキャラクターで飽きません。

良くもまあ、これだけのキャラクターが出てくるゲームを作ったなあと。
半年で作ったゲームです。
今更ながら、デザイナーさんに脱帽。

これだけキャラクター集めて、映像にしてくれた人に感謝。
[PR]
by nakataka | 2007-04-27 11:30 | ゲーム | Trackback | Comments(1)
アルテイルのテーマソングを歌う、、
告知!!


アルテイルのテーマソングを歌う。

アカナさんのライブが、あります。
彼女が自分の為に結成した新しいバンドだそうです。
アルテイルの曲とはまたひと味違った、彼女の魅力が聞けそうです。

3月26日渋谷TAKEOFF7にて!!

もちろん私は、でません。
でも聞きに行きたいと思っています。

アー、ライブいいなあ!やりたいなあ!
[PR]
by nakataka | 2007-03-14 14:11 | ゲーム | Trackback | Comments(0)
雑誌「CONTINUE」のくそゲーランキングに、
うちの会社がサウンド開発したタイトルが2つもランクインしてました。
(さっき本屋で立ち読みしました。)

どのタイトルかは名誉の為に、秘密ですが、ちょっと調べればすぐにわかります、、、。

ある意味すばらしい!!。

ちなみに雑誌のコメントが結構おかしくて笑えます。
[PR]
by nakataka | 2007-03-08 13:37 | ゲーム | Trackback | Comments(0)
ファミコンの新作ソフト開発中
TVゲームジェネレーション

89年に、この業界に入った私でさえ、業界人になったときは、すでにファミコンは過去のもの。

ところが、TV番組の企画で現在ファミコンの新作ソフトを開発しています。
ホントにROMに焼いて、カセットにするみたいです。

CSチャンネルが見れるとか、ケーブルテレビに加入している人は、是非見てみてください。
[PR]
by nakataka | 2007-03-06 00:03 | ゲーム | Trackback | Comments(1)
OUTRUN 20th Anniversary Box
「OUTRUN 20th Anniversary Box」というCDが、発売されました。

なんと、これまで発売された「OUTRUN」と名前のつくもの、全てのサウンドが、11枚組のCDの中に入っています。
 驚いたのが、imode版とか、GAMEBOY版とか、シェンムー2の中に入ってた「OUTRUN」とか、そこまでやるかという位、「OUTRUN」で使用された曲がすべて収録されているのです。すごいマニアック度!!!!
「MAGICAL SOUND SHOWER」だけで17バージョン、いやそれ以上。

 しかも、ブックレットには、使用されたアーケード基盤の音源の種類まで書かれていたり、歴代のサウンド担当者や、開発者のコメントが、書かれています。
(結構この読み物が、マニアにはたまらないという感じもしますが、、、。)

 実は、「OUTRUN」シリーズの中の「Outrunners」というタイトルを、私がセガ時代担当しました。ですので、もちろん私の曲も入っていたり、ブックレットにはコメントも寄せさせていただいてます。

 ブックレットには載っていない、裏話をちょっと暴露しますと、、、。
アーケードでアウトランの3作目になるこの「Outrunners」は、それまでアウトランシリーズを開発していた、AM2研ではなく、AM1研が開発しています。
 この当時セガでは、同時に二人プレイできるアーケードゲームを鬼の様に作っていました。
 それまで一人分一枚の基盤を、通信で2枚繋いでいましたが、「Outrunners」で使われた、System Multi 32ボートというのは、1枚の基盤で二人プレイができてしまう、非常にコストパフォーマンスの良いものでした。
 もちろん 音源も1つのチップを二人分に割り振って使います。

 CDについてくるブックレットのスペック欄に、Outrunners 「SYSTEM MULTI 32」「FM12音,PCM10音」って書いてありますが、これ間違いです。
おそらく、このスペックはSYSTEM 32という、ちょっと古いもので、実際には「PCM28音」だった記憶です。音を聞けばFM音源が使われていないのはわかると思いますが、、、。
 
 正直に言うと、おそらく僕はこの1986年の「OUTRUN」というゲームがなければ、ゲーム業界にも進まなかったし、セガにも入社したいと思わなかったと思います。
 なぜなら、当時大学1年生だった私は、フュージョンバンドにはまり、松岡直也の「ハートカクテル」とか角松敏生の「SEA IS A LADY」とか、そんな音楽を毎日の様に聞いていたから、やはり同じ様な音楽の趣味ある人のところで働きたいと、単純に思ったのです。(実際にはだいぶ違う面もありましたが!)
[PR]
by nakataka | 2007-03-01 20:31 | ゲーム | Trackback | Comments(0)
今晩11時半から
この企画に参加してます。
TVゲームジェネレーション

今、8ビット機のサウンドプログラム書いてます。
もちろんアセンブラです。
6502ははじめて書きます。
資料がなくて、結構大変です。

自慢じゃないですが、これで、z80,8086,68000,6502のCPUのアセンブラを書いたことになります。
書いたといっても、すべてサウンド部分のプログラムなので、あまり役には立ちませんが、、、。

今晩11時半からCS放送が見られる方は、是非見てみてください。
但し、今日は僕はでません。4回目ぐらいに出演予定です。
何せ、本日収録があったので、まだかなり先です。
[PR]
by nakataka | 2007-02-08 20:24 | ゲーム | Trackback | Comments(2)
次世代ゲーム機で遊んでみました。
b0019592_1193166.jpg


仕事のかこつけて、XBOX360,Playstation3,Wiiの3台を、事務所に揃えてみました。

とりあえずユーザーの視点で、3台あそんで見ました。

現時点で、なんといっても一番遊べるのは、Xbox360です。
一番ゲーム機らしいともいえるかもしれません。
ネットワークに繋げる環境さえあれば、かなり数のデモバージョンのゲームがダウンロードできて、遊べます。デモとはいえ、結構ボリュームがあるソフトも多いです。
「LOST PLANET」や、「CALL OF DUTY2」は、ここでデモを遊んで買ってしまいました。
FPSとか、海外のゲームが好きという人にもたまらないと思います。

自宅に置く一台といわれたら、Wiiでしょう。
僕が買ったソフトは「初めてのWii」と、「Wii Sports」です。
どちらも、ゲームスキルだけでは、攻略しきれるものでもないのも魅力です。
最終的には反射神経とか、身体的な能力がものをいいそうです。
「Wii Sports」のボクシングと、テニスは特におすすめです。

Playstation3は、現時点では持っているというステイタスが一番のゲーム機、いやゲーム機というよりは、高級家電とか言った方が良いかもしれません。
他の2台を圧倒する高級感です。
特に驚いたのは、ワイヤレスコントローラーの軽さと、Xbox360と比べたときの静音性です。
その辺に、ちょっと日本の技術力を感じました。
試してませんが、SACDとかも聞けるらしいです。
これを買ったら、TVもオーディオも高級品に買い換える必要があるかもしれません。

3台ともにいえることですが、どれもインターネットに接続できるのも魅力です。
できれば、インターネットTVの「GyaO」とか、「ミランカ」なども見られるようにして欲しいところです。(ひょとして見られるのかな?、内村さまーずをTVで見たい。)

Xbox360と、PS3の使い勝手で気になったのが、コンテンツをロードしている時の処理です。
360はダウンロード中でも、一旦その画面から抜けて、ゲームで遊ぶことができます(バックグラウンドでロードができる)が、PS3では、今のところそれができないようです。(何か方法があるのかな?)
[PR]
by nakataka | 2006-12-27 11:41 | ゲーム | Trackback | Comments(0)
アルテイルの曲が歌になります。
すでに、黒川さんのブログで紹介されてしまったのですが、

先日、デックスエンタテインメントさんにおじゃまして、AKANAさんが歌う、アルテイルのテーマ曲のプロモーションをさせていただきました。

23日から25日までの限定で聞くことが出来ます。
是非、この機会にゲームに登録してみてください。
オンラインゲームというと、ダウンロードがあったりして、抵抗がある人が多いと思いますが、
このゲームはFLASHで遊ぶゲームなので、すぐにはじめられます。

また、頭脳を使ったカードゲームなので、今までのゲームスキルはあまり関係ありません。
アルテイル

是非よろしく。
b0019592_14111043.jpg

デックスさんでのオフショット。写真は、ボーカル、AKANAサン。
[PR]
by nakataka | 2006-12-21 14:12 | ゲーム | Trackback | Comments(0)