ゲームの音楽を作曲している、中村隆之のBLOGです。
by nakataka
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
検索
カテゴリ
全体
LIFE
音楽
音楽ソフト
宣伝
パソコン(MAC)
ゲーム
携帯電話
リンク
以前の記事
2013年 03月
2013年 01月
2012年 11月
more...
ライフログ
その他のジャンル
タグ
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
フォロー中のブログ
最新のコメント
中村さん、メリー・クリス..
by Spence/TP at 06:10
えんとんさん、コメントあ..
by nakataka at 14:24
PRに参加です。すみませ..
by PRえんとん at 13:35
皆さん、お祝いコメントあ..
by nakataka at 11:37
おめでとうございます! ..
by Spence/TP at 01:50
10周年おめでとうござい..
by いさやま at 23:25
10周年を迎えられたとの..
by しんしお at 19:09
おめでとうございます。
by Synthese at 14:42
10周年おめでとうござい..
by かおりん at 14:02
おめでとうございます。さ..
by 副社長 at 13:06
Skypeボタン
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2005年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧
サラウンドミックスはすごいかも!
週末、いまやっている仕事のMA(映像に音をつける作業)で、外のスタジオへ。
CGムービーへのサラウンドミックスの作業です。
一口にサラウンドといっても、今回の仕事は5.1chのDolby Digtalフォーマットのために、音のバランスをいろいろ替えたり、音をクルクル動かしたりするための作業です。
一般的な説明をすると、最近の映画館でみる映画のほとんどが、このDolbyDigitalを使った差ランドに対応しています。映画館で映画を見る人は、皆さんサラウンドは体験済みです。

サラウンドミックスがなぜ凄いかというと、、、ステレオでは、前方向90度の範囲に音が定位しますが、サラウンド環境では、周囲360度の範囲で音を定位されることが出来るのです。
簡単に言うと、音をならせる範囲(空間)が4倍になったということです。

そうなると、映像で見える範囲は前方向だけですが、サラウンドを使えば、音は映像では見えない後ろ側も表現できてしますのです。
映像の無い部分は、実はサウンドを作る人間の想像力だったりもします。それだけに、これまでのMA作業とは全く違う、未知の世界が広がっているのです。
[PR]
by nakataka | 2005-10-31 11:39 | ゲーム | Trackback | Comments(0)
日本のゲームマスコミも、このぐらい突っ込んだ視点で!
この2つのHotwiredの記事、おそらくアメリカの記者がかいたモノだと思いますが、

「ゲーム熱」はなぜ突然冷めるのか

多機能が売りの携帯ゲーム機『ギズモンド』

どちらも、非常に突っ込んだ目で見ている良い記事だと思います。
日本のゲーム誌の記事って、とかくゲームの表面的な、映像がどうだとか、キャラクターがどうした、声優がどうした、隠れた要素はどこだとか、そういったことに目を向けがちですが、

もっとマスに目を向けた記事にするなら、このゲームは長く飽きずに遊べるか、短時間にストレス解消になるか、価格と内容のバランスはどうだとか、システムは理解しやすいのか、そういったことを中心にした記事を書いて欲しいモノです。(ようは大人の視点のね!だって、40近い親父が、ファミ通とか真剣に読んでたら、ちょっと引くでしょ。)

ゲームで遊ぶユーザーの裾野はかなり広がっているのに対し、情報誌はまだかなり偏っていて、しかもその視点が似ているモノがおおい気がします。インターネットの情報サイトは、かなり専門的な視点のモノも増えているように思いますが、、、。
日本のゲームマーケットが成熟しているのだとしたら、ゲームマスコミの視点が、もっと成熟してもいいような気もします。
[PR]
by nakataka | 2005-10-27 20:36 | ゲーム | Trackback(1) | Comments(1)
中学生の職業体験
地元、国立駅周辺の商店街では、中学生のための職業訓練を行っているようです。
昨日今日は、駅前の商店に中学生が店員として立っています。
昨日、見ただけでも朝のスターバックスにも、昼食食べたうどんやにも、近所のギャラリーまで、中学生がいました。

スターバックスでは、制服にあの緑のエプロンを着けただけですが、それだけで十分店員らしく見えます。ただ、出来る仕事が掃除だけの様で、延々掃除をしていました。
(マニュアル化されて、画一的なサービスをする職業は、一日体験じゃ、接客までは無理でしょうね。体験しても意味が無いような気もしますが、、、。)
逆にマニュアル化されていないうどん屋は、体験の子もバリバリ働いていました。
注文聞いて配膳するのに、すぐにでも出来てしまうので、普通の店員とかわらず、働いているようでした。ガンバレー。
ただ、中学生が聞いた注文を、店主のおばさんが、お客さんに再度必ず確認に行っていましたが、、、。

この体験学習の詳しい内容は分かりませんが、たいへんすばらしいことだと思います。
出来れば、もっと住民にも告知して、駅から銀行から、郵便局、、、、あらゆるお店を中学生にやらせてみても、面白い気もします。
[PR]
by nakataka | 2005-10-27 11:38 | LIFE | Trackback(1) | Comments(3)
事務所の拡張工事をしていますが、、。
内装業者の方は、おととい工事の進捗が早く進んだと言うことで、昨日は工事をお休みしていました。
ゲーム業界では、開発が順調に進んで、早く終わったので、お休みしてください。って言うのは聞いたことがありません。
開発スケジュールは、おしてるけど、ギャラは一緒ね。っていうのは良く聞きますが、、、。
[PR]
by nakataka | 2005-10-26 18:33 | LIFE | Trackback(1) | Comments(4)
小龍包で唇にヤケド!
ランチに中華レストランで、小龍包を食べました。
あの熱々の汁の入っている奴です。

まあ熱いのは承知で、かるーく半分ぐらい口でハグっとした瞬間。
予想をはるかに上回る熱い汁が、唇にジュワー。
これまで体験したことのない熱さに思わず小龍包を箸から落とし、おしぼりで唇を押さえました。

一人で食事をしていたので、この事態を誰に訴えることも出来ず、また、ジンジンと痛む唇から下が、どうなっているのか?
 「なんか腫れてるかもしれない」と思いつつ、トイレの鏡で確認したところ、、、。
唇の皮が一部ベロンと剥がれていました。
さわるともの凄く痛いです。

しかし、社長たる者、事務所に戻るとそんなそぶりは誰にも見せず、淡々と仕事をするのでした。
イヤー明日になったら、いかりやさん見たくなってるかもしれません。(こういう冗談も最近の若者には通じないんですよね。きっと!)
[PR]
by nakataka | 2005-10-25 16:58 | LIFE | Trackback | Comments(0)
またまた、長男の話ですが、、、。
週末、近くの児童館でイベントがあり、娘二人と長男を連れて行ってまいりました。
地域の父兄が露天や、フリーマーケットや、簡単なイベントを、近所の小中学生達向けにやっておりました。(私もちょっとだけ、フランクフルトを焼きました。)

2歳の長男を連れて、その中をブラブラと、2歳児が参加出来るような物は何も無かったのですが、、、。
なぜかダーツ遊びの前で、ぴたっと足が止まり、「ジー」と見ています。しばらく他の場所を歩いて、またダーツの前に来ると、「ジー」っと。
出来るわけ無いのですが、「やりたいの?」と聞くと、「うん」とうなずきます。

そこで、無理を言ってやらせていただきました。
当然、ダーツ的の真下に立っても、的まで届くわけでもなく、投げるのが精一杯という感じなのですが、、、。やはり男の子なのだなあ。と感心した次第です。

その間、長女と次女は何をしていたかというと、フリーマーケットで、しこたま何かを買いあさっていたようです。しかも、値切って!
[PR]
by nakataka | 2005-10-24 20:53 | LIFE | Trackback | Comments(3)
長男の話ですが、、、。
2歳1ヶ月になりますが、実は言葉がまだ、上手にしゃべれません。
同じ年頃の保育園の子供はだいぶうまいのに、、、。

まあ、3人目の男の子で、上二人のお姉ちゃん達がだいぶ世話を焼くせいで、大して言葉を使わずとも、困らないというのもあるかもしれません。

しかし、親としてちょっと心配もあって、言葉の学習をさせることにしました。
基本的に物事は理解していて、おしゃべりですが、独自の言語なので、サッパリ分かりません。
例えば「パパ、あ〜。」と時々同意を求められますが、サッパリです。
言葉を正確に言うことが出来ず、例えば、「お水」のことを「ず」と略して言っています。

そこで、「おみず」を練習しようと、まずは、「お」。これは口の形を真似して、すぐに出来ました。
続いて、「み」。どうしても、「い」や、「に」に聞こえます。耳をつまんで、「みみ」と練習します。
「ず」は言えるので、、、、3つ続けて、、、、「お」はすぐでますが、「み」がでません。「お・・・ず」になってしまいます。
どうしてもも「おみず」の「み」がうまく言えません。耳をつまんで、「みみ」と何度も練習して、再度、「おみず」にチャレンジ。

すると、長男は苦肉の策か、、。「お」、無言で耳をつまんで、「ず」と、ジェスチャーを交えて「お水」を表現しておりました。
「大丈夫か、おい!」
[PR]
by nakataka | 2005-10-21 15:05 | LIFE | Trackback(1) | Comments(3)
最近またDVDで映画を見始めました。
忙しくて、映画館には行けませんが、帰宅後深夜に映画をチョロチョロッと見ています。

だいぶ遅れてますが、「あずみ」(上戸彩主演)が、良かったですね。
ストーリーもアクションも、純和風といった印象を受けました。でも、海外受けはしないんだろうなー。だいたいあずみが刺客になる理由が、希薄な感じがするでしょうね。
原作の漫画も読んでみたいなと思って、amazonで調べたら、36巻もでててちょっとめげました。
とりあえず、近々「あずみ2」を見る予定です。

もう一つ「iRobot」、このストーリーは手塚治虫の「火の鳥復活編」をもろ受けてますね。
火の鳥シリーズを、読んでいない方は、是非!
最後にでてくるスーパーコンピュータがビルの中心部で建物と一体化してて、さらに意味もなく縦にながーいのが、非常に気に入りました。
近未来を意識している作品なのに、肝心な所が非常に非科学的だったりするのが気になったりします。ロボットや、コンピュータが自我に目覚めるという過程にしても、うんちくを並べてくれるSFのストーリーに出会いたいです。
[PR]
by nakataka | 2005-10-20 13:42 | LIFE | Trackback | Comments(0)
XserveG5を導入。
b0019592_9513656.jpg

Xserve G5を会社の新しいサーバーに、導入しました。
1Uラックで、小さく見えますが、実はめちゃめちゃ大きいです。
b0019592_9525523.jpg

3年間使ってきた、PowerMacG4/400の、OSX10.1.4サーバーにかわり、新たにXserveG5/2GHzのOSX10.4サーバーを導入しました。

セッティングも自分でやるので、結構これがたいへんです。
月曜日からはじめて、何とか昨日の午後には、まえのサーバーの代わりが出来るところまでに、なりました。
未だ、オープンディレクトリーとか、良く意味が分からずセッティングしています。
セキュリティーに関しても、全く知識が無いので、その辺が一番不安です。誰か教えてください。
今後は、VPN等、徐々に機能を増やしていく予定です。

そして、今日からスタジオの拡張工事が始まりました。引っ越したばかりですが、横に19坪も広がります。楽しみですが、ただ今ものすごい騒音中。
同じマンションの住人からの苦情が心配です。
[PR]
by nakataka | 2005-10-19 10:03 | パソコン(MAC) | Trackback | Comments(0)
パソコン2年寿命説ふただび
b0019592_1944475.jpg

とりあえず、記念撮影。(今日から新曲入ってます。)


話はかわりますが、おとといのことです。
うちのスタッフが使っている、使用3年目のPowerMacG4 1GHz/DUALが壊れました。
書き込みエラーかと思い、First Aidをためしても改善されなかったので、やむなく、HDをフォーマット。0書き込みのテストもして長い時間かけて、フォーマット。
何のエラーも起きなかったので、大丈夫だろうと再インストール。

アプリも入れて、さあ使えるぞ。と思ったら、またまたディスクを認識しなくなりました。
これはやはり、ハードディスクそのものの問題。

うーん。やはり3年ぐらいが限界でしょうか?
今回のケースは、全くアクセス出来なくなるわけではなかったので、データを失ったりする事故にはなりませんでしたが、HDの中のデータも資産と考えると、パソコンが壊れるという問題は、「そんなモンだよね」と、簡単には片付けられない問題です。
やはり車の様に定期的に、ハードウェアなどの内部の状態を調べるメンテナンスを行うことは出来ないのでしょうか?
最近の車だと、エンジンなどのセンサーに異常が見つかると、車自体をエマージェンシーモードという状態にして、エンジンの回転数が上がらないようにしたり、警告を促しますよね。
パソコンもいきなり壊れるのではなく、そのちょっと前の段階で、警告してくれると、非常にありがたいのですが、、、。

ちなみに、今回のHDの復旧のために、まる一日をかけてしまいました。
イヤ、HDの故障と分かれば、2時間ぐらいで解決できる問題なんですけど、、、。
[PR]
by nakataka | 2005-10-13 19:59 | パソコン(MAC) | Trackback | Comments(0)